改葬しようかな

改葬しようと思ったとして、まず現在のお墓の中のお骨を、どこに移すかどの埋葬形式にするか、決めることからでしょう。周囲の人に話すにしても、ただ漠然に「墓じまいするよー」では説得力ありませんし、合意も得ることは出来ないでしょう。埋葬形式は、今まで埋葬していた同じ形式のお墓、其れだとお骨の移動のみ行った形になりますね。しかし、最も異論が発生しにくい要件だと言えそうですね。他の形式だと、樹木葬、樹木を墓石のように見立てて、樹木の下にお骨を埋葬して供養する形式ですね。2種類の形態があり、一つは郊外の山のふもとに埋葬する里山型、自然に囲まれて眠ることが出来るわけです。しかし、お墓参りに適しているとはいいがたく長い期間のうちに植物が伸び放題になったりして、荒れてしまうことが予想されます。公園型は霊園などの樹木をシンボルとしてその周りにお骨を埋葬して供養する形態です。比較的に近郊に作られることが多いので、お墓詣りが容易になります。しかし、他の方とシンボルが同一になりますし、合祀と近いと言えるかもしれません。納骨堂という形式もあります。納骨堂は、一般のお墓のように墓石の下にお骨を埋葬するのではなく、納骨堂という屋内施設を用意し、その中に複数お骨を個別に供養しておく形式です。屋内施設に複数個別なので場所はコンパクトになり、雨などの天候変化にも影響を受けない特徴があります。また場所を取らないという特徴から都市部に良く作られることが多く、お墓参りがやり易い場所がほとんどです。永久的に個別供養されるわけではなく、契約時に期間を決めて(13回忌、33回忌あたりが一般的)その期間までは個別供養してくれます。その期間が過ぎると合祀され他の方のお骨と一緒に埋葬され眠ることになります。考えてみると納骨堂と永代供養墓と差は個別供養の機関の有無というところでしょうかね。永代供養墓は、合祀とほとんど同じ意味で使われます。しかし、個別供養する期間があったりするので、永代供養というカテゴリの中に合祀という形式が含まれるニュアンスで良いのではないかとも思えます。主なものと言えば以上の4つの埋葬形式と言えるでしょう。あまりないようですが、自宅での手元供養という形式もあります。例外的な位置づけとしては散骨が入ってきますね。散骨は文字通りお骨撒く方法です。しかし、お骨を撒くわけですから、きちんとした基準方法にのっとって行われます。まず、粉々に砕いて粉骨としなければなりません、また撒く場所というのも重要で、山などの陸地だと土地の所有者がいます。むやみには撒けません。海に散骨する場合でも周囲には気を配り問題ない場所に撒く必要があります。【墓じまい】お墓を整理して埋葬し直す手続き

女性が選ぶ理想のボディランキング!!

本日気になったサイトは、第4回を迎えた、「女性が選ぶ理想のボディランキング」です。
背が高くてスラリとした女性芸能人が数多くランクインする中で、一人だけ「おやっ?」という人がいました。
その女性芸能人とは、深キョンこと、深田恭子さんです。
他のランクインしている女性芸能人たちに比べて背は高くないし、それほど細くもありません。
どちらかというと、ポッチャリな印象です。
にもかかわらず、いろんなランキングで上位に位置しています。
男性が選ぶ「恋人にしたい女性有名人ランキング」でも常にランクインしているイメージがあります。
女性、男性問わず、人気があるんですね。
走るのも遅そうで、ドスドス走りそうな感じがするのに、どうしてあんなに人気があるんでしょう?
それは、「健康的で痩せすぎではない、程よい体型」というのが主な理由のようです。
女性らしい、とてもやわらかな体の曲線に憧れる女性も多いんじゃないでしょうか。
ローラさんや菜々緒さん、米倉涼子さんはトップランカーではありますが、正直言って日本人離れした体型です。
元々背が高い人でないなら、憧れてもあんなモデルのような体型にはなれません。
それに比べて、深田恭子さんはなんとなく親近感を感じますね。
いつまでも若くてかわいいなと思いますが、実はもうアラフォーと言ってもいい年齢なんですね。
全然アラフォーには見えないっ!!
そういうところも、ずっと人気が続いている秘密なんじゃないでしょうか。

ところで、最近は太り過ぎではなく、痩せすぎで悩んでいる女性が多いそうです。
確かに一昔前に比べると、モデルさんのようにホッソリした女性が多いように思います。
ジャンクフードや甘いスイーツなどをたくさん食べれば太れるんでしょうけど、不健康に太るのは良くありません。
最近では、痩せすぎで悩んでいる人のためのサプリメントというものも注目されています。
その一つが「プルエル」です。
プルエル 薬局
痩せすぎの理由の1つは、栄養の吸収能力が低いことが挙げられます。
プルエルは、栄養吸収をサポートしてくれるサプリメントです。
カラダを作る材料となるものは、普段わたしたちが日常的に食べている食べ物です。
質の悪い食べ物を食べていては、健康的なカラダを作ることはできません。
バランスの摂れた食生活をしっかりと習慣づけることが大切です。
そういう心掛けを持っていれば、誰もが羨む深田恭子さんのような女性らしい健康的なボディラインに近づいていけるんじゃないでしょうか。

依存症への改善策

現代病の一つと言われている依存症。
昔といえば、アルコール依存症やギャンブル依存性位しか名前に出ませんでしたが、今ではかなりの依存性があります。

そして、年齢としても子供から年配の方まで幅広くなっています。
依存性にかかっている人数も相当なものです。

きっかけは簡単な気持ちだったり、人に誘われたり、ストレス解消から始めたもの、趣味程度だったのに病的になった・・・
等様々な原因があります。

今はインターネットが盛んなので、インターネットが無かった頃よりもインターネットを利用するものもあります。
お店も昔より多いので、簡単にアルコールも買えますし、ギャンブルもすぐ出来る状況です。
便利になったからこそ、増えていったとも言えます。

それでは、趣味やストレス解消に行ってしまうのが悪いというわけでもありません。
いくら好きでも、依存症にならない人だってたくさんいます。

休みの日に気分転換やストレス解消に楽しむ程度なら問題ないのです。
ちょっとお酒を飲みすぎた・・・と思っても、久しぶりなら大きな問題ではありません。
ギャンブルも買い物も、少し無駄なお金を使ったとしても、そこで収まれば問題ないのです。

  • まだまだ!今回こそは!
  • ○○しないとイライラする!
  • あれもこれも欲しい!
  • お金はないけど、まぁいっか!
  • 早く!!

このような気持ちが問題になってきます。
冷静に判断ができずに、我慢できなくなってくるのです。

これは少しの依存症の例です。

自分で自覚している場合も、無自覚の人もたくさんいます。

依存症 克服 では、様々な体験談を載せています。
どのように克服していったのか?
改善策が見つかると思います。

まずは、自覚が一歩です。
取り入れることは取り入れて、改善へ進んでください。

また、一人で抱えこまないでおきましょう。
話せる人だけでもいいんです。
話した人が理解してくれないのなら、別の人や医師でもいいんです。

自分の甘えだと思われがちですが、病気なので自分のせいにしてはいけません。