優勝秒読みの巨人に頭の痛い問題

既に独走態勢の巨人にマジックが早々に点灯し、優勝は時間の問題の今年のペナントレースですね。
もはやリーグ連覇は間違いなしなのですが、選手の中にはそう手放しに喜べない問題を抱えてりるそうです。

元木大介ヘッドコーチが急遽 虫垂炎で倒れ緊急入院 即日手術という緊急事態。
そこでヘッドコーチ代行としてあの阿部慎之助二軍監督が呼ばれました。
阿部慎之助ヘッドコーチ代行として急遽一軍のグランドに参加した9月26日阪神戦
試合前に原監督から
「思う存分、新之助らしさを出しなさい」
とアドバイスを受けたそうです。
先発の山口麗斗投手が大量リードの8回に急遽乱れて途中降板
阪神の猛反撃を受けて楽勝ムードから一転、大接戦になってしまいました。
すると上げヘッドコーチ代行は
「こんなことになったのはおまえのせいだぞ!」
と大声で怒鳴りつけたそうです。
他にもチャンスで凡退した吉川尚樹選手をベンチ内で公開説教したり、ベンチにいる選手たちは凍り付いてしまっているそうです。

元木ヘッドコーチは現役時代には失礼ながらさほど大きな成績っを収めた選手ではありませんが「曲者」とよばれその存在感は大きかったですよね。
なによりムードメーカー的な存在も大きかったです。
元木ヘッドコーチは技術指導というよりも選手をいかに気分よくプレーさせるかのほうを重要視しているかもしれません。
それに比べて阿部ヘッドコート代行は一軍の試合前尾打撃練習でもさく越えを連発してどや顔をしているという話もありあmす。
なにより元捕手という立場からか細かい指導をしているそうです。

優勝マジックが点灯してもはや秒読み状態の巨人の選手ですが、目の前の勝利よりも阿部ヘッドコーチ代行の雷に怯えているとかいないとか・・・

選手からすれば早く元木ヘッドコーチの復帰が望まれるのですが、退院後は激やせでどうも一軍ヘッドコーチ復帰も遅くなりそうです。
それどころか来季は体調のすぐれない元木ヘッドコートは二軍監督、入れ替わりで阿部二軍監督が一軍ヘッドコーチ就任という噂です。

ムードメーカーの元木ヘッドコーチから鬼軍曹の阿部ヘッドコーチ代行で巨人の選手はびくびくしているかもしれませんね。
カーテンココ 見積もり

「半沢直樹」最終回間際で脚本家vs監督のあつれき?

私も大ファンであり「半沢直樹」
いくつかの会社で何人かの銀行からの天下りの人たちを実際に見てきた私には
「そうそうそう!」
とうなづく場面も少なくなかった。
まあ、現実に半沢直樹がいたらすぐに左遷かクビなのは間違いないが、そこはテレビドラマだから許されることであろう。

■ アドリブだらけの現場に脚本家は?
番組高価一円で特集されたダイジェスト
そこには現場で俳優たちがアドリブ話に花が咲きました・
「おしまいDEATH」
この名台詞 わたしも使っているくらいです。
しかし、脚本家からすればどうなんでしょうね・・・
自分の書いたセリフがどんどん現場で変わっていく
そのことにあまりいい気持がしないかもしれません。

■ プロデューサー 監督 脚本家 の微妙な関係変化
このことに週刊新潮の記事はこう語っています。

理由のひとつに福沢監督らの制作手法があるのではないか。そう指摘するのは。さる制作会社のディレクターである。
「福澤監督は根っからの現場好き
 悪意があるわけではないと思ますが、パワハラ気質な面があるのは否めません。
 台本は伊興田プロデューサーと脚本家で土台を築く。
 その後、福澤監督が細部をチェックしていくスタイル。
 プロデューサーも監督も脚本家も缶詰にして、これじゃダメだと何度も突き返して、TBSの本社などに1週間居残ろらせることもザラです。
 脚本家として自我が芽生えた八津さんも、耐えきれず不協和音が生じたのでは」

前作もあれだけの反響があった「半沢直樹」
続編も大変なプレッシャーがあったことは間違いありません。

■ 原作とはかけ離れてしまっているような気もするが・・・
続編の半沢直樹は少々原作の池井戸作品とは経路が異なるものに感じるおあh私だけかもしれませんが」、」すでに原作とテレビドラマは別物と考えるべきなんでしょうね。
確かにこれだけの反響や視聴率などをたたき出しているのですから、これはこれで認めるしかありません。
原作を考えての台詞や場面展開を考える脚本家
それを現場で空気や雰囲気で俳優のあ度pリブすら積極的に取り入れていく監督
やはり大きな反響や高視聴率をたたき出しているからこそ
「俺が!」「俺が!」
のl気持ちが出てくるのも仕方ありません。
認知症 徘徊 GPS キーホルダー

甲子園を棒に振ってまで温存した佐々木朗希投手が故障の噂

本日気になったサイト情報は
甲子園を棒に振ってまで温存した佐々木朗希投手が故障の噂
です。

千葉ロッテマリーンズ ドラフト1位ルーキー 佐々木朗希投手ですが、入団当初は即1軍マウンドへとの前評判でした。
しかし。ここにきて1軍登板どころか姿もなかなか現さないようです。

その佐々木投手が久しぶりに姿を現したというニュースが流れました。
実に7週間ぶりだそうです。
公式戦雨の練習でキャッチボールをしていたそうです。
ブルペン捕手を相手に15分間程度
あまり力を入れず緩い山なりのボールを60級程度投げたそうです。
この大形注目リーキーの身になにかあったのでしょうか?

あるプロ野球記者によると
「佐々木は5月下旬にシート打撃投手として投げた時に自己最速に迫る160キロの速球を投げて周囲を驚かせたそうです。
 そこでチームは6月の練習試合で初登板させる予定だったそうです。
 しかし、その初登板は直前になってキャンセル
 しおれが様々な憶測を呼んでいます・」
とニュースで語っています。

「実は彼、このシート打撃から右ひじに違和感を訴えていました。
 その後はリハビリも兼ねてキャッチボールなどの室内練習が主だったようです。」

日本球界の宝とも期待されている佐々木投手ですからなにかあっては一大事です。
その起用法にもチーム首脳陣は気を使わざる負えません。
夫の居場所 GPS

■ 疲れがたまっている
「まあだ高校卒業したてではプロでやっていく身体になっていない。疲れがたまっているんだろう」
そう分析する評論家もいます。
プロ野球選手は1年365日野球漬けで、常に野球のことだけを身体を作っていかなければなりません。
超大型ルーキーとして注目期待されていた佐々木投手ですからキャンプ中からマスコミの取材攻勢もすごかったでしょう。

「とにかく今は疲労をとるのと怪我を予防するために調整しています」
そんなチームからの説明です。
何事もなければよいのですが・・・

ただ気になるのはあまりにも温存されてきたことが投げ込み不足を懸念する野球評論家もいます。
甲子園の切符を争った岩手大会決勝戦での登板回避
昨年のU-18での前日本代表で選ばれたにも関わらず登板は1イニングのみ

あまりにも大事にされるとそれが災いにならないか?
逆に心配になります。

開幕からBクラスの日ハム栗山監督の評価の落ちてきている?

開幕からBクラスに低迷している日ハム栗山監督の評価の雲行きが怪しくなってきているらしい。

栗山監督といえば監督就任9年目
今の12球団で最も長い期間である。

■スター選手をえこひいき起用?

実力よりも人気重視?
そんな陰口がささや変えているのも栗山監督の選手きようだ。
・中田翔の徹底した4番起用
・大谷翔平の二刀流も話題性

特に2017年の7球団の競合指名のドラフト1位で獲得した清宮選手
ただ守備の不安から1追加DHでしか起用できず、そして打率は1割台と低迷しているにもかかわらずずっと起用され続けていることに内部の選手からの不平不満もあるようでし。

さらに栗山監督の采配で問題視されているのが
・攻撃的な2番バッター
・投手のオープナー制の採用
です。
このメジャーをモデルとしたチーム作りがほぼ機能していないとヒンシュクを買っています。
バントをしない
足を生かさない
2番に固定している太田選手の昨年の成績の併殺打が22とパシフィックリーグ最多タイで今季も打率1割台と低迷しています。

昨シーズンから採用した投手のオープナー制ですがなかなかうまく機能していません。

投手のオープナー制は制球力のある投手が最初にアウトを取って2番手投手に引き継ぐというシステムらしいのですが昨シーズンは16試合に採用して6勝10敗。
今シーズンも1勝3敗と結果が出ていません。

「リリーフ陣も早いイニングから登板準備もしなければならず『マウンドに上がるタイミングがわからない』と投手陣にも不評を買っています」

昨シーズンのリリーフ陣のリーダーの宮西投手も
「采配に関してはあやふやな部分もあった。
 もっと登板のタイミングに関する情報が欲しい」
とボヤキもマスコミにも漏れて流れているくらいです。

確かに栗山監督は試合に負けると
「自分の采配が悪い」
と選手に責任を負わせない発言を繰り返してきましたが
選手が何より望んでいるのは”フェアな采配”かもしれない。
お墓 いらない

ローカルにブログの環境を作る

私はブログをはじめました。同じようにブログで稼ごうと思っている人は多いのではないでしょうか?サーバーって何?ドメインって何それおいしいの?という状態です。2020年はコロナで仕事が激減しています。会社に依存している生き方に危機感を感じています。何か副業を始めたいと思ったのですが、時間もお金もない状態で見つけたのがブログでした。

ブログで稼ぐことの難しさを実感

いろいろな方のブログやYOUTUBEなどで情報はたくさん発信されていて、本当にありがたいです。細かく解説してくれてあり何とかサーバーを借りてドメインも取得しました。wordpressも使い方を解説してくれるサイトがあるので何とか使えるようになりました。wordpressは使ってみてわかったのですが本当に便利です。まったくの初心者の私でもなんとか記事が投稿できました。数記事投稿しましたがまったく無反応、読まれません。検索に上位表示どころか順位が付きません。それでもコツコツと積み上げていかなければいけないのでブログで収益を上げるのには本当に大変です。挫折していく人も多いみたいですが気持ちがよくわかります。

問題発生

バックアップとリストアをやってみようと思い、バックアップをした後にデータを消してリストアしたら元に戻らならない事件が発生しました。焦りました。元に戻すことができずもう一度作り直しました。やはり本番の環境でやるのは危険だと思いました。そんなときにローカルにテスト環境を作ってやるやり方がありました。
自分のパソコンにWordPressの環境をつくろう
こちらのサイトを参照しました。おすすめのサイトです。
これでやってみてうまくできました。これからはローカルの環境でテストしてから本番の環境をいじろうと思います。

今後の目標

プラグインを使わずにFTPでバックアップが取れるようになりたいです。まだまだ勉強することはいっぱいですがいろいろなサイトを参照しながらブログを構築していきます。

 

依存症への改善策

現代病の一つと言われている依存症。
昔といえば、アルコール依存症やギャンブル依存性位しか名前に出ませんでしたが、今ではかなりの依存性があります。

そして、年齢としても子供から年配の方まで幅広くなっています。
依存性にかかっている人数も相当なものです。

きっかけは簡単な気持ちだったり、人に誘われたり、ストレス解消から始めたもの、趣味程度だったのに病的になった・・・
等様々な原因があります。

今はインターネットが盛んなので、インターネットが無かった頃よりもインターネットを利用するものもあります。
お店も昔より多いので、簡単にアルコールも買えますし、ギャンブルもすぐ出来る状況です。
便利になったからこそ、増えていったとも言えます。

それでは、趣味やストレス解消に行ってしまうのが悪いというわけでもありません。
いくら好きでも、依存症にならない人だってたくさんいます。

休みの日に気分転換やストレス解消に楽しむ程度なら問題ないのです。
ちょっとお酒を飲みすぎた・・・と思っても、久しぶりなら大きな問題ではありません。
ギャンブルも買い物も、少し無駄なお金を使ったとしても、そこで収まれば問題ないのです。

  • まだまだ!今回こそは!
  • ○○しないとイライラする!
  • あれもこれも欲しい!
  • お金はないけど、まぁいっか!
  • 早く!!

このような気持ちが問題になってきます。
冷静に判断ができずに、我慢できなくなってくるのです。

これは少しの依存症の例です。

自分で自覚している場合も、無自覚の人もたくさんいます。

依存症 克服 では、様々な体験談を載せています。
どのように克服していったのか?
改善策が見つかると思います。

まずは、自覚が一歩です。
取り入れることは取り入れて、改善へ進んでください。

また、一人で抱えこまないでおきましょう。
話せる人だけでもいいんです。
話した人が理解してくれないのなら、別の人や医師でもいいんです。

自分の甘えだと思われがちですが、病気なので自分のせいにしてはいけません。