「半沢直樹」最終回間際で脚本家vs監督のあつれき?

私も大ファンであり「半沢直樹」
いくつかの会社で何人かの銀行からの天下りの人たちを実際に見てきた私には
「そうそうそう!」
とうなづく場面も少なくなかった。
まあ、現実に半沢直樹がいたらすぐに左遷かクビなのは間違いないが、そこはテレビドラマだから許されることであろう。

■ アドリブだらけの現場に脚本家は?
番組高価一円で特集されたダイジェスト
そこには現場で俳優たちがアドリブ話に花が咲きました・
「おしまいDEATH」
この名台詞 わたしも使っているくらいです。
しかし、脚本家からすればどうなんでしょうね・・・
自分の書いたセリフがどんどん現場で変わっていく
そのことにあまりいい気持がしないかもしれません。

■ プロデューサー 監督 脚本家 の微妙な関係変化
このことに週刊新潮の記事はこう語っています。

理由のひとつに福沢監督らの制作手法があるのではないか。そう指摘するのは。さる制作会社のディレクターである。
「福澤監督は根っからの現場好き
 悪意があるわけではないと思ますが、パワハラ気質な面があるのは否めません。
 台本は伊興田プロデューサーと脚本家で土台を築く。
 その後、福澤監督が細部をチェックしていくスタイル。
 プロデューサーも監督も脚本家も缶詰にして、これじゃダメだと何度も突き返して、TBSの本社などに1週間居残ろらせることもザラです。
 脚本家として自我が芽生えた八津さんも、耐えきれず不協和音が生じたのでは」

前作もあれだけの反響があった「半沢直樹」
続編も大変なプレッシャーがあったことは間違いありません。

■ 原作とはかけ離れてしまっているような気もするが・・・
続編の半沢直樹は少々原作の池井戸作品とは経路が異なるものに感じるおあh私だけかもしれませんが」、」すでに原作とテレビドラマは別物と考えるべきなんでしょうね。
確かにこれだけの反響や視聴率などをたたき出しているのですから、これはこれで認めるしかありません。
原作を考えての台詞や場面展開を考える脚本家
それを現場で空気や雰囲気で俳優のあ度pリブすら積極的に取り入れていく監督
やはり大きな反響や高視聴率をたたき出しているからこそ
「俺が!」「俺が!」
のl気持ちが出てくるのも仕方ありません。
認知症 徘徊 GPS キーホルダー

甲子園を棒に振ってまで温存した佐々木朗希投手が故障の噂

本日気になったサイト情報は
甲子園を棒に振ってまで温存した佐々木朗希投手が故障の噂
です。

千葉ロッテマリーンズ ドラフト1位ルーキー 佐々木朗希投手ですが、入団当初は即1軍マウンドへとの前評判でした。
しかし。ここにきて1軍登板どころか姿もなかなか現さないようです。

その佐々木投手が久しぶりに姿を現したというニュースが流れました。
実に7週間ぶりだそうです。
公式戦雨の練習でキャッチボールをしていたそうです。
ブルペン捕手を相手に15分間程度
あまり力を入れず緩い山なりのボールを60級程度投げたそうです。
この大形注目リーキーの身になにかあったのでしょうか?

あるプロ野球記者によると
「佐々木は5月下旬にシート打撃投手として投げた時に自己最速に迫る160キロの速球を投げて周囲を驚かせたそうです。
 そこでチームは6月の練習試合で初登板させる予定だったそうです。
 しかし、その初登板は直前になってキャンセル
 しおれが様々な憶測を呼んでいます・」
とニュースで語っています。

「実は彼、このシート打撃から右ひじに違和感を訴えていました。
 その後はリハビリも兼ねてキャッチボールなどの室内練習が主だったようです。」

日本球界の宝とも期待されている佐々木投手ですからなにかあっては一大事です。
その起用法にもチーム首脳陣は気を使わざる負えません。
夫の居場所 GPS

■ 疲れがたまっている
「まあだ高校卒業したてではプロでやっていく身体になっていない。疲れがたまっているんだろう」
そう分析する評論家もいます。
プロ野球選手は1年365日野球漬けで、常に野球のことだけを身体を作っていかなければなりません。
超大型ルーキーとして注目期待されていた佐々木投手ですからキャンプ中からマスコミの取材攻勢もすごかったでしょう。

「とにかく今は疲労をとるのと怪我を予防するために調整しています」
そんなチームからの説明です。
何事もなければよいのですが・・・

ただ気になるのはあまりにも温存されてきたことが投げ込み不足を懸念する野球評論家もいます。
甲子園の切符を争った岩手大会決勝戦での登板回避
昨年のU-18での前日本代表で選ばれたにも関わらず登板は1イニングのみ

あまりにも大事にされるとそれが災いにならないか?
逆に心配になります。