「半沢直樹」最終回間際で脚本家vs監督のあつれき?

私も大ファンであり「半沢直樹」
いくつかの会社で何人かの銀行からの天下りの人たちを実際に見てきた私には
「そうそうそう!」
とうなづく場面も少なくなかった。
まあ、現実に半沢直樹がいたらすぐに左遷かクビなのは間違いないが、そこはテレビドラマだから許されることであろう。

■ アドリブだらけの現場に脚本家は?
番組高価一円で特集されたダイジェスト
そこには現場で俳優たちがアドリブ話に花が咲きました・
「おしまいDEATH」
この名台詞 わたしも使っているくらいです。
しかし、脚本家からすればどうなんでしょうね・・・
自分の書いたセリフがどんどん現場で変わっていく
そのことにあまりいい気持がしないかもしれません。

■ プロデューサー 監督 脚本家 の微妙な関係変化
このことに週刊新潮の記事はこう語っています。

理由のひとつに福沢監督らの制作手法があるのではないか。そう指摘するのは。さる制作会社のディレクターである。
「福澤監督は根っからの現場好き
 悪意があるわけではないと思ますが、パワハラ気質な面があるのは否めません。
 台本は伊興田プロデューサーと脚本家で土台を築く。
 その後、福澤監督が細部をチェックしていくスタイル。
 プロデューサーも監督も脚本家も缶詰にして、これじゃダメだと何度も突き返して、TBSの本社などに1週間居残ろらせることもザラです。
 脚本家として自我が芽生えた八津さんも、耐えきれず不協和音が生じたのでは」

前作もあれだけの反響があった「半沢直樹」
続編も大変なプレッシャーがあったことは間違いありません。

■ 原作とはかけ離れてしまっているような気もするが・・・
続編の半沢直樹は少々原作の池井戸作品とは経路が異なるものに感じるおあh私だけかもしれませんが」、」すでに原作とテレビドラマは別物と考えるべきなんでしょうね。
確かにこれだけの反響や視聴率などをたたき出しているのですから、これはこれで認めるしかありません。
原作を考えての台詞や場面展開を考える脚本家
それを現場で空気や雰囲気で俳優のあ度pリブすら積極的に取り入れていく監督
やはり大きな反響や高視聴率をたたき出しているからこそ
「俺が!」「俺が!」
のl気持ちが出てくるのも仕方ありません。
認知症 徘徊 GPS キーホルダー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です