あのディズニーですら赤字?

東京ディズニーランドを運営するオリエンタルランドが10月29日の発表では21年3月期の連結利益が511億円の赤字になる見込みとなりました。
通期の赤字転落は96年の上場以来初のことです。
銀行筋では
「9月末時点で約2530億円の現預金を保有しており、葉面の資金繰りは問題ありません。ただ、東京ディズニーシーの大規模拡張プロジェクト(約2500億円規模)を継続するほか、社債償還への備えも必要である。手元資金を厚くしておく必要はあるでしょう」
というコメントを発表しています。

これを受けて東京ディズニーランド側も苦渋の決断をしたようです。
それはこのコロナ禍で売り上げの早期回復が見込めないため、ついにリストラを断行するようです。
約4000人いるといわれている正社員と嘱託社員の冬のボーナスはなんと70%カット。
そして時給で働くダンサーなど出演者ら約1000人に対しては、窓口業務への配置転換や退職などの選択肢を迫るそうである。
東京ディズニーランドの横田明宣常務は決算会見で苦しい胸の内を明かしました。
「基本的に雇用は維持したいが、ショーなどがしばらくできないため、ダンサーの方には辞める洗濯をした方もいる」
しかし、ダンサー側のコメントでは
「辞める選択をしたのではなく辞める選択肢しかなかった。会社側から突き付けられた条件は、出演の継続を希望する場合の手当ては『半年かで約22万円』月額3万円ちょっとの収入では生活できない」
と辛い決断の理由を話しています。
また退職に当たってhダンサーやキャラクターたちが強制されたのは「自己都合による退職:という形をとらされたことです。
これでは失業保険受給期間が短くなってしまいあmす。

ディズニーランドは夢の国であり、その夢はきわめてハッピーなものでなくてはいけませんが、この現実ではとても夢の国とは言えない状況ですね。
ダンサーやキャラクターたちが作り出すお客さんとのふれあいの一体感
これが失われればディズニーランドへの客離れにもなりかねません。

経営とエンターテイメント
その両立はとても難しく、まだまだ厳しい時代は続きそうです。

今まで活躍してきたダンサーやキャラクターたちのパフォーマンスは相当高かったです。
それがディズニーランドの最大の売りでもありました。
しかし、今後コロナも収まりいざお客さんたちが戻り始めた時に以前の用は高いレベルのパフォーマンスを出来る人たちが確保できるのか?
そんな心配もありますね。
補聴器 嫌がる 親