優勝秒読みの巨人に頭の痛い問題

既に独走態勢の巨人にマジックが早々に点灯し、優勝は時間の問題の今年のペナントレースですね。
もはやリーグ連覇は間違いなしなのですが、選手の中にはそう手放しに喜べない問題を抱えてりるそうです。

元木大介ヘッドコーチが急遽 虫垂炎で倒れ緊急入院 即日手術という緊急事態。
そこでヘッドコーチ代行としてあの阿部慎之助二軍監督が呼ばれました。
阿部慎之助ヘッドコーチ代行として急遽一軍のグランドに参加した9月26日阪神戦
試合前に原監督から
「思う存分、新之助らしさを出しなさい」
とアドバイスを受けたそうです。
先発の山口麗斗投手が大量リードの8回に急遽乱れて途中降板
阪神の猛反撃を受けて楽勝ムードから一転、大接戦になってしまいました。
すると上げヘッドコーチ代行は
「こんなことになったのはおまえのせいだぞ!」
と大声で怒鳴りつけたそうです。
他にもチャンスで凡退した吉川尚樹選手をベンチ内で公開説教したり、ベンチにいる選手たちは凍り付いてしまっているそうです。

元木ヘッドコーチは現役時代には失礼ながらさほど大きな成績っを収めた選手ではありませんが「曲者」とよばれその存在感は大きかったですよね。
なによりムードメーカー的な存在も大きかったです。
元木ヘッドコーチは技術指導というよりも選手をいかに気分よくプレーさせるかのほうを重要視しているかもしれません。
それに比べて阿部ヘッドコート代行は一軍の試合前尾打撃練習でもさく越えを連発してどや顔をしているという話もありあmす。
なにより元捕手という立場からか細かい指導をしているそうです。

優勝マジックが点灯してもはや秒読み状態の巨人の選手ですが、目の前の勝利よりも阿部ヘッドコーチ代行の雷に怯えているとかいないとか・・・

選手からすれば早く元木ヘッドコーチの復帰が望まれるのですが、退院後は激やせでどうも一軍ヘッドコーチ復帰も遅くなりそうです。
それどころか来季は体調のすぐれない元木ヘッドコートは二軍監督、入れ替わりで阿部二軍監督が一軍ヘッドコーチ就任という噂です。

ムードメーカーの元木ヘッドコーチから鬼軍曹の阿部ヘッドコーチ代行で巨人の選手はびくびくしているかもしれませんね。
キトー君 バレたくない

俺の今年のカレンダーは宮崎美子(61歳)で決まり

「ほ・・ほ・・・欲しい!」
これが宮崎美子さんのカレンダー&フォトブックセット」発売決定を受けての私の感想である。
宮崎美子さん】御年61歳
既に孫がいても全然おかしくない年齢のこの熟女がビキニになっているのである・

「今の君は、ピカピカに光ってぇ!」
このフレーズに合わせて長そでシャツとジーパンを脱ぐと現れた宮崎美子さんのビキニ姿
今にして思えば全然エロくもなんともないのだが閉じはこれが実に衝撃的でした。

美人というよりも素直に可愛いタイプ
その記念すべき61歳の宮崎のビキニ姿を収めたフォトブック&カレンダーの詳細内容は一部しか漏れてきていないが。私は即購入を決意したのだ。
たぶん、俺だけじゃないのは明白である。
なぜなら、アマゾンカレンダー部門ランキングであの鬼滅の刃を抑えて堂々の1位になっているからだ。

■伝説の週刊朝日の表紙
化粧気もなく、さわやかな笑顔
ただそれだけの写真なのになぜこんなに惹かれてしまったのだろう?
そんな衝撃的な週刊朝日の表紙をかつて飾った若き日の宮崎美子さん
今風に言うと
「きゃ、きゃ、きゃわいい!」

そのきっかけになったのが昔の元カレが撮った1枚の写真からだそうだ。
カメラが趣味だった元カレがその1枚を週刊誌の企画(篠山紀信が撮るキャンパスの春)というのに送ったのである。
その写真を観て巨匠篠山紀信もして
「あの写真委はかなわない」と言わしめたほどである。
まさしく、恋人にしか見せないはにかんだ表情だったに違いない。
その元カレは今、厚生労働省のナンバー2として大活躍中であると聞きます。

そんな話題の宮崎さんがあのCMでブレイクした後は
クイズの女王として
「クイズダービー」
で今度は
「きゃ、きゃ、きゃしこすぎる!」
才色兼備を披露したのである。

かわいい、賢い
こんな彼女や嫁さんがいたらどんなにいいだろう
みんな世の男性はそう考えたに違いない
さらに天性の明るさ
もうメロのメーロである。

還暦すらも自らの新しい再hすっぱつ転移する宮崎美子さんのカレンダー
それを観てニヤついている私に嫁はどんな視線を送ろのであろうか?
違う!違う!
別にあなたのビキニ姿は結構です!ノーサンキューなのです。
嫌がる親を施設に入れる

あのディズニーですら赤字?

東京ディズニーランドを運営するオリエンタルランドが10月29日の発表では21年3月期の連結利益が511億円の赤字になる見込みとなりました。
通期の赤字転落は96年の上場以来初のことです。
銀行筋では
「9月末時点で約2530億円の現預金を保有しており、葉面の資金繰りは問題ありません。ただ、東京ディズニーシーの大規模拡張プロジェクト(約2500億円規模)を継続するほか、社債償還への備えも必要である。手元資金を厚くしておく必要はあるでしょう」
というコメントを発表しています。

これを受けて東京ディズニーランド側も苦渋の決断をしたようです。
それはこのコロナ禍で売り上げの早期回復が見込めないため、ついにリストラを断行するようです。
約4000人いるといわれている正社員と嘱託社員の冬のボーナスはなんと70%カット。
そして時給で働くダンサーなど出演者ら約1000人に対しては、窓口業務への配置転換や退職などの選択肢を迫るそうである。
東京ディズニーランドの横田明宣常務は決算会見で苦しい胸の内を明かしました。
「基本的に雇用は維持したいが、ショーなどがしばらくできないため、ダンサーの方には辞める洗濯をした方もいる」
しかし、ダンサー側のコメントでは
「辞める選択をしたのではなく辞める選択肢しかなかった。会社側から突き付けられた条件は、出演の継続を希望する場合の手当ては『半年かで約22万円』月額3万円ちょっとの収入では生活できない」
と辛い決断の理由を話しています。
また退職に当たってhダンサーやキャラクターたちが強制されたのは「自己都合による退職:という形をとらされたことです。
これでは失業保険受給期間が短くなってしまいあmす。

ディズニーランドは夢の国であり、その夢はきわめてハッピーなものでなくてはいけませんが、この現実ではとても夢の国とは言えない状況ですね。
ダンサーやキャラクターたちが作り出すお客さんとのふれあいの一体感
これが失われればディズニーランドへの客離れにもなりかねません。

経営とエンターテイメント
その両立はとても難しく、まだまだ厳しい時代は続きそうです。

今まで活躍してきたダンサーやキャラクターたちのパフォーマンスは相当高かったです。
それがディズニーランドの最大の売りでもありました。
しかし、今後コロナも収まりいざお客さんたちが戻り始めた時に以前の用は高いレベルのパフォーマンスを出来る人たちが確保できるのか?
そんな心配もありますね。
親 耳が遠い イライラ